通所介護とグループホーム

介護

介護を必要とする人は多くいますが、全ての人が介護施設に入居するわけではありません。利用者の中には極力自立した生活を望む人も多くいます。その場合、デイサービス(通所介護)で決まった時間だけ施設を利用する人がいるのです。デイサービスは、利用者自身が甲斐甲斐しい介護を必要とはしなくとも、孤独感や喪失感を払拭させ外に連れ出し社会と触れ合わせることも目的としています。身体を動かす機会を与えることで身体機能の衰えを防ぎ、自宅で介護を行う家族に一時休息の時間を設けることにも繋がっています。デイサービスセンターでは、自宅で介護を行っていた家族に代わり、食事や入浴の介助を行います。日常生活を支障なく行えるような訓練などを行っているデイサービスセンターもあり、同じようにデイサービスを受けている利用者同士の交流に力を注いでいる施設もあるのです。送迎を行っていることが多いため、足が不自由で車いすを使用している利用者でも安心して施設を利用することができます。

最近では介護の現場も工夫がなされ始めています。デイサービスのように自宅から通える施設もあれば、施設内でほかの利用者と共同生活を行うこともできます。また、近年では認知症の症状により日常生活を行うことが困難になってしまった人を受け入れるグループホームも登場しています。認知症を患ってしまうことで、介護を行う家族の負担は更に大きなものになります。介護疲れから鬱になってしまうこともあるため、そうした状況を改善するためにグループホームは有効に活用されています。少人数での生活は心身にストレスを与えることなく、精神的に安定した状態を保つことができます。共同で生活することで会話や身体機能の急激な衰えを回避し、認知症の進行を緩やかにすることができるのです。24時間体制でケアを行うため安心して任せることができますし、家族の面会や宿泊、自宅への外泊も自由に行うことができるグループホームも少なくはありません。