介護ソフトの導入

介護

業務の負担を減らすことができる介護ソフトを導入している事業所が増えています。購入するかレンタルして毎月利用料を支払うかで変わってきます。介護報酬改定によって変更があった場合にも柔軟に対応してくれる業者を選択しましょう。

» 詳しくはこちら

業務効率を上げる手段

介護保険請求をする方法

介護

介護保険サービスを提供する事業者は、毎月サービスを提供した分の保険給付料を専門機関に請求する必要があります。 介護保険制度では、介護認定を受けた高齢者が1割負担でサービスを利用することができますが、残りの9割を国や国民が支払った介護保険料から支払われることになっています。この9割分の費用は事業者が請求することで支払われることになりますが、請求方法は磁気媒体を使用するか伝送によって行うことになっています。 伝送方法としては介護伝送ソフトを利用するのが一般的となっており、ソフト開発を行う各企業から様々な介護ソフトが販売されています。 介護伝送ソフトを利用することで、頻雑な請求業務を効率良く行うことができるようになります。

介護伝送ソフトを利用するメリット

介護保険サービスを提供する事業者は、自治体が委託している団体に保険給付請求をする際に、日々どのようなサービスを提供したかの実績も伝送する必要があります。その前には、一人一人の利用者に対してサービスの利用計画書を作成する必要もあります。 事業者には様々な書類の作成や管理が必要になるため、効率良く事務作業をこなすことが求められ、そのために作られたのが介護伝送ソフトです。 介護伝送ソフトを利用することで、効率的に事務作業ができるだけではなく、サービスを利用している方々の個人情報の漏えいなども防ぐメリットがあります。 介護サービスを行う事業所には訪問介護や通所介護など様々な業種がありますが、それぞれに記録の管理が必要なため、介護ソフトは重宝されています。

介護現場の強い味方

介護

介護の強い味方として介護ソフトが登場しています。事務作業の効率を上げ、現場との連携を取りやすくなるため、介護現場を支えるスタッフだけでなく、利用者にも安心というメリットを与えることができます。

» 詳しくはこちら

通所介護とグループホーム

介護

介護現場は色々なニーズに応えられるように工夫がなされています。デイサービス(通所介護)やグループホームの登場で、要介護者や家族が安心して任せることができる環境が整えられています。

» 詳しくはこちら